switzerland,sui,スイス
スイス代表チーム

スイス代表チームの選手紹介ページへ


switzerland,sui,スイス

Photo source(写真引用元)
http://www.footballpicturehd.com/switzerland-football-team-picture/

チーム戦術 〔カウンターサッカー〕

フォーメーション 〔4-2-3-1〕


4-2-3-1

「ウィキペディア『サッカーのフォーメーション』より引用」

ワールドカップ 出場各国 スイス代表の選手紹介ページはこちら

[評判]
  • 予選試合 7勝3分0敗 17得点6失点
  • 堅守を誇り予選無敗。
  • FIFAランク8位(2014/05月8日時点)
  • ビックネームは多くないが負けないサッカーをする。
  • 堅い守備からカウンターで点をもぎ取り、勝ち切るスタイルのようだ。
[関連動画]
  • [決勝トーナメント1回戦] vs アルゼンチン (0-1)
    優勝候補アルゼンチンを相手に「堅守」を発揮したスイス。
    右サイドを任されたシャチリが活躍し、アルゼンチンのゴールに迫る場面も何度かあった。
    試合は延長戦へ。スイスは0-0のまま耐え抜き、PK勝負を狙う。
    しかし、延長後半13分、メッシに突破され、ラストパスを受けたデイ・マリアがゴール。
    今大会を最後にヒッツフェルト監督は引退。彼に優勝を捧げるというスイス代表チームの夢はかなわなかった。

  • [グループリーグ] vs ホンジュラス (3-0)

  • [グループリーグ] vs フランス (2-5)

  • [グループリーグ] vs エクアドル (2-1)
    堅実でバランスに優れた試合運び。
    スイスはある程度の余裕を持って守備できるチームだ。
    しかし、エクアドルのスピードには手こずり、しばしばゴールを脅かされる。
    セットプレーから先制された!
    シャチリにボールを集めて攻めるが、ゴールに結びつかない。ヒッツフェルト監督が動く。
    メーメディが途中出場。そして、彼がゴール! 1-1の同点に。
    スイスは一気に逆転しようと意欲を見せるが、エクアドルも立ち直りを見せ、ゴールできない。
    再びヒッツフェルト監督が動く。
    セフェロヴィッチが途中出場。
    後半45分――アディショナルタイムは3分。2分。1分30秒・・・
    なんてことだ! セフェロヴィッチが残り1分でゴールした!!
    選手の頑張りはもちろんだが、ヒッツフェルト監督の偉大な采配がスイスに逆転勝利をもたらした。


  • Road to Brazil

  • Road to Brazil その2

  • 2013 ブラジル戦(親善試合)

  • 韓国戦(親善試合)

  • 2012 ロンドン五輪 ガボン戦(フル)

  • (かなり前の試合です)日本戦

ワールドカップ 出場各国 スイス代表の選手紹介ページはこちら

コメントを残す