netherlands,ned,オランダ
オランダ代表チーム

オランダ代表チームの選手紹介ページはこちら


netherlands,ned,オランダ

Photo source(写真引用元)
http://www.latinospost.com/articles/15262/20130326/netherlands- vs-romania-world-cup-2014-qualifying-preview-predictions-tv.htm

チーム戦術 〔スペクタクルな攻撃サッカー〕

フォーメーション 〔伝統の 4-3-3〕


4-3-3

「ウィキペディア『サッカーのフォーメーション』より引用」

ワールドカップ 出場各国オランダ代表の選手紹介ページはこちら

[評判]
  • 欧州予選グループD 10試合 9勝1分0敗 34得点5失点(1位通過)
  • レジェンド選手「ヨハン・クライフ」から伝えられしスピリッツ。
  • 走れ、ウィング! 決めろ、ファン・ペルシ!
  • ドリブル & シュート & ゴールの花火大会!
  • オレンジ色の風車男たちによるスペクタクルショー! 欧州予選34得点5失点!
  • 各国のサッカーから「らしさ」が失われていく昨今・・・・・・
  • オランダも理想と現実の間に揺れている!?
  • この戦術で国際大会を勝ちきれるのか? そんな声もあった。
  • それでも、求めて来たのは魅力あるフットボールだ!
  • W杯の夢舞台・・・ハイリスク、ハイリターンで行こう! ケチな点棒拾う気なし!
  • ファン・ファール監督の大抜擢により、チューリップのような若手選手がズラリと並ぶ。
  • そんなオランダを応援したい!
  • スペイン戦はもちろんだけど、チリ戦も面白くなりそうだ! これは見なきゃ!
[関連動画]
  • [3位決定戦] vs ブラジル (3-0)
    試合開始、前半2分。スルーパスからロッベンが抜け出し、チアゴ・シルヴァが引っ張ってファール。PK獲得。ファン・ペルシーが美しく決めて先制(前半3分)。
    続いて、ダビド・シルバがヘデイングでクリアしたボールを、ゴール正面に立っていたブリントがフリーでトラップし、蹴り込んでゴール。前半17分で2点目。
    ブラジルが必死で反撃し始めるが、オランダの屈強な守備陣はほぼ問題なく守り通す。
    攻撃ではロッベンが抜群。カイトは攻守に貢献。スナイデルは怪我で出場できず。ファン・ペルシーは今回あまり目立たないが存在感がある。
    その後も攻撃のチャンスをちょくちょく作りながら、前半終了。
    ――後半開始。後半も守備は安定。後半30分からは主審がブラジル寄りな気もしたが、ロッベンは頑張っていた。
    試合終了間際、ロッベンが右サイドに突入し、相手DFを引き付けてヤンマートにパス、ヤンマートのグラウンダーのクロスをワイナルドゥムがゴール。フレッシュの嬉しそうな笑顔。これで、オランダは3点目。
    「今大会で引退するかもしれない」と語っていたロッベンが若い代表選手二人に後は任せたようにも見えた。良いゴールだ。
    3-0となったところで、ファンファール監督はGKシレセンを下げ、22番のGKフォルムを投入。
    フォルムの出場により、オランダは代表選手23人が全員W杯の試合に出場したことになるのだ!
    ブラジルにとっては悔しいだろうが、ファンファールはオランダの監督として選手たち全員を大切にしていたんだなあと思う。
    一言で言えば、文句無しの勝利。

  • [準決勝] vs アルゼンチン (0-0) PK2-4
    前日のドイツVSブラジル(スコア7-1)の影響か、両チームともバランス重視の慎重な立ち上がり。
    アルゼンチンの本気のディフェンスに決定機を作れないオランダ。
    ワールドクラスの輝きを見せ続けるロッベン以外、攻撃陣の調子が良くないようにも見える。
    雨の中、いわゆる塩辛い試合が続く。
    両チームとも骨身を削りながら、延長戦へ。決勝戦で待つドイツとしては願ってもない展開だろう。
    ファンファール監督は3枚目の交代カードでFWフンテラールを投入。延長戦で試合を決めに行く。
    前の試合ではPK戦のためにPKストッパーとして定評のあるGKクルルを投入し、この采配がズバリ的中して勝利したのだが・・・。
    しかし、フンテラールが光らない。延長戦で決着つかず。PK戦へ。
    今回は「PKを止めた経験がない」と言われるGKシレセンのままだ。大丈夫か・・・。
    ダメだった。PK戦スコア2-4でオランダは敗退。
    しかし、初戦のスペイン戦を始め、オランダは面白いゲームを見せてくれた。ありがとう!

  • [準々決勝] vs コスタリカ (0-0) PK3-4
    猛攻を掛けるオランダ。しかし、コスタリカの超守備的戦術と時間稼ぎに苦しめられ、試合はPKまでもつれ込む。
    ファンファール監督はGKを交代(シレセン→クルル)。PKストッパーとして定評のあるクルルが見事なPKストップ!
    オランダチームは完璧にPKを決めて見せ、ベスト4に勝ち進んだ。

  • [決勝トーナメント1回戦] vs メキシコ (2-1)

  • [グループリーグ] vs チリ (2-0)

  • [グループリーグ] vs オーストラリア (3-2)

  • [グループリーグ] vs スペイン (5-1)
    前回W杯で決勝戦を闘ったスペイン vs オランダの注目カード。
    スペインはFWジエゴ・コスタをトップに置いて得点を狙う布陣。
    オランダは自慢の「スペクタクル・サッカー」を封印しての5バック体制!
    積極的なプレス。潰しに行くディフェンス。
    前回W杯の決勝と同様、オランダはタックルしまくってスペインにパスサッカーさせない狙い。
    前半8分、スナイデルが完全に抜け出すも、カシージャスが好セーブ。
    12分、シャビがラストパスを送るが、ジエゴ・コスタはボールを足下に収められず。
    15分、デヨングがエルボーをかます(笑)
    25分、ジエゴ・コスタがPK獲得。DFの足が掛かるように切り返して上手く倒れた。
    26分、シャビ・アロンソが渋くPKを決める。
    この時点で、ファンファール監督のゲームプラン崩れる。
    オランダが点を取り返さなければならない状況になった。
    オランダのファールが目立つ。明らかにスペイン選手を削りまくっている。
    42分、イニエスタの絶妙なスルーパスを、ダビド・シルバ決められず。
    44分、ロングボールからファン・ペルシーが飛び込んでヘディングシュート。ゴール!
    戦術ペルシーで同点弾!
    ――後半開始。豪雨。
    後半8分、ロングボールを受けたロッベンがピケをかわし、見事にゴール!
    スペインのボスケ監督、たまらず雨の中を立つ。
    今度はスペインが点を取らなければならない状況だ。
    試合から消えてしまい、苛立つジエゴ・コスタが頭突きをかます。
    14分。ロッベンの仕掛けから、ファンペルシが右足でボレー。ボールはクロスバーを強烈に叩く。
    17分。スペインはジエゴ・コスタOUT → トーレスIN。 シャビ・アロンソOUT → ペドロIN。
    20分。スナイデルの素晴らしいFKをデ・フライが体で押し込む。スコア3-1! スペインはペルシのキーパーチャージだろうと抗議。必死に主張していたカシージャスが主審からイエローカードを出される。
    22分、スペインの猛攻。ダビド・シルバが押し込んでゴールするが、判定はオフサイド。これは正しい判定。
    27分、カシージャス痛恨のトラップミス。ファンペルシーが押し込んで・・4-1!
    オランダサポーターはお祭り騒ぎ。スペインサポーターはお通夜。
    35分、また縦パス一本、ロッベンが抜け出し、DFを振り切って独走、カシージャスを手玉に取って倒れさせ、踊るようにステップした後、強烈なシュートを叩き込んだ。スコア5-1!
    5失点は鉛を飲んだように重く、前回優勝国スペインのグループリーグ敗退という可能性が浮上。
    結果的に、オランダは最高に「スペクタクル・サッカー」をしてくれた。

  • W杯直前の練習。チームメイトにも容赦がないオランダチーム

  • 2011年 サンマリノ戦「 11-0 」

  • 2013年 ハンガリー戦「8-1」

  • 2013 ルーマニア戦

  • 2013 イタリア戦(親善試合)

  • 2013 日本戦(親善試合)

  • 2014年5月31日 ガーナ戦

  • オランダは、こんな国です

ワールドカップ 出場各国 オランダ 代表の選手紹介ページはこちら

コメントを残す