england,England,eng,イングランド,イギリス,英国,ルーニー,ジェラード
イングランド代表チーム

イングランド代表選手一覧ページはこちら


england,England,eng,イングランド,英国

Photo source(写真引用元)
http://toptencollections.com/top-ten-best-football-teams-in-the-world/

チーム戦術 〔フットボール since 1863〕

フォーメーション 〔4-3-3〕 または 〔4-4-2〕


4-3-3

4-4-2

「ウィキペディア『サッカーのフォーメーション』より引用」

ワールドカップ 出場各国 イングランド代表の選手紹介ページはこちら

[評判]
  • 欧州予選グループH 10試合 6勝4分0敗 31得点4失点(勝点1差で1位)
  • 近代サッカー発祥の地として、1863年から伝わる「フットボール」を好む。
  • 先祖伝来のキック&ラッシュ。
  • それは、日本人がこだわる一本柔道に通じるものがあるのかもしれない。
  • 時代おくれ、最先端のサッカーには勝てない、と言う人もいる。
  • その上、強国ばかりの“死のグループ”に入った。
  • おまけに1戦目はアマゾンの“ジャングル”が試合場だ。
  • 探検隊の大苦戦が予想されるが、この国は歴史的に根っから勝負強い。
  • 本心ではD組をDeath組とは思っていない英国人も多く、「勝算は充分」
  • グループリーグを抜けてしまえば、決勝戦までの道のりが明確に見えているという。
  • チームの要はジェラート。攻撃の主役はルーニー。
  • 今季乱調だったマンチェスター・ユナイテッドの選手たち(キャリック、クレバリー、ヤング)は、予備登録メンバーへ。
  • 逆に今季、最後まで優勝を争ったリヴァプールの選手が躍進。



  • 前回

    ――前会W杯のGL組み合わせは楽観視された。
    Image source(画像引用元)
    『THE Sun』

    今回

    ――今回は「助けて!」
    Image source(画像引用元)
    『THE Sun』

    ジャングル

    ――ホジソン監督も大変だ!
    Image source(画像引用元)
    『Mirror Sport』

[関連動画]
  • [グループリーグ] vs コスタリカ (0-0)

  • [グループリーグ] vs ウルグアイ (1-2)

  • [グループリーグ] vs イタリア (1-2)
    みんなが見たかったこの対戦。会場はマナウス。
    イングランドもイタリアも自分たちの戦術を貫く。
    ルーニー vs ピルロ に象徴される内容だったかも知れない。
    ホジソン監督の懸念通り、キック&ラッシュ(走るサッカー)のイングランドはマナウスの気候に体力を奪われ、後半は苦しんだ。 しかし、名場面が盛り沢山。これぞW杯。観客も大満足。
    敗れはしたが、期待以上の名勝負となった。

  • England National Team History
    (画面左上の再生リストから複数の動画を見られます)

  • England Football Official
    vs ポーランド

  • vs ドイツ

  • vs スコットランド

  • vsブラジル

  • 大みそかの合唱

  • イギリス人は世界中の未開地を冒険し、生き残って来たのだ。

ワールドカップ 出場各国 英国代表の選手紹介ページはこちら

コメントを残す