argentina,arg,アルゼンチン
アルゼンチン

アルゼンチン代表の選手ページへ


argentina,arg,アルゼンチン

Photo source(写真引用元)
http://www.cordobatimes.com/deportes/futbol/2013/12/25/argentina-con-amistoso- confirmado-ante-rumania/

チーム戦術 〔メッシを中心とする攻撃サッカー〕

フォーメーション 〔4-3-3〕


4-3-3

「ウィキペディア『サッカーのフォーメーション』より引用」

2014 ワールドカップ 出場各国 アルゼンチン代表の選手ページはこちら

[評判]
  • 南米予選 9勝5分2敗 35得点15失点(1位通過)
  • 昔マラドーナ、今メッシ。
  • アグエロ、イグアイン、ディ・マリア・・・1人で試合を決められるアタッカーが揃う。
  • 世界最高レベルの攻撃力、守備には不安、南米勢としての地の利、楽観視されるGL組み合わせ。
  • 優勝候補(単勝5.5倍の2番人気-2014/05/22時点-William Hill)。
  • ライバルはブラジル。
  • 2006年と2010年のW杯ではベスト8という不本意な結果。今度こそはと、アルゼンチンは燃えている!
[関連動画]
  • [決勝] vs ドイツ (0-1)
    決勝戦。アルゼンチンは守備を固め、メッシを中心としたカウンター狙い。
    ドイツ相手にパスサッカーでは不利という判断か。
    マスチェラーノを中心とするデイフェンス陣。アルゼンチンを舐めるなよ、ゴールできるならやってみろ、という気迫を感じる。
    ドリブルからドイツを崩して行くアルゼンチン。今回はラベッシが光る。
    ブラジルサッカーの聖地であるマラカナン競技場。詰めかけた7万5千人の観衆はアルゼンチン応援団、ドイツ応援団、地元ブラジル国民に分かれている。
    ブラジルとしては、ライバル国アルゼンチンだけには優勝して欲しくない。「ボロ負けしろ、アルゼンチン!」
    アルゼンチンとしては、マラナカンで優勝して「ざまーみろ、ブラジル!」とやりたい。
    ドイツ人はビールを飲んでいる。そんなわけで7万5千人の応援合戦が面白い。
    前半20分、ゴール前、完全にフリーのイグアインがシュートを外す。
    前半30分、イグアインがゴールするが、オフサイド。
    ボールはドイツに持たせ、カウンターから絶好機を作るアルゼンチン。南米らしい試合巧者だ。前半は0-0で終えたが、ある程度は思い通りの展開だろう。
    ――後半開始。 ラベッシに代えてアグエロが投入される。好調のラベッシを代えるのか・・・と驚いた。
    アルゼンチンの猛攻開始。後半1分、メッシが抜け出してフリーでシュートするも、ボールは枠外。
    攻守が入れ替わる。激しい展開に。
    後半32分、イグアインに代えてパラシオを投入。
    後半40分、ペレスに代えてガゴを投入。
    延長前半7分、パラシオの絶好機、フリーでボールを受けるが、ループ・シュートを外す。これは決めてほしかったぁ!
    延長後半8分、シュルレに左サイドを突破され、それまで空気だったゲッツェにゴールを決められてしまう!
    延長後半アディショナルタイム、アルゼンチンの最後のチャンス。メッシがフリーキックを直接狙うが、思い切り枠外に外す。アルゼンチン応援団は沈黙。試合終了。
    涙をにじませて立っていたディ・マリア。彼がいたらメッシ&ディ・マリアで試合の勝敗は分からなかったが、ドイツ側もケディラやマルコ・ロイスを欠いていた。
    家族と喜びの抱擁を交わすドイツ選手たちをアルゼンチン代表チームが暗い表情で見つめる。アグエロは号泣し、マスチェラーノは静かにうつむいているのが印象的だった。
    閉会式で、メッシはゴールデンボール(MVP・大会最優秀選手)を受賞。彼は不満らしく、不名誉そうだった。ロッベン、ラーム、ミュラー、ハメス・ロドリゲスたちの方が受賞に相応しかったかもしれない。しかし、確かに、メッシの話題で持ちきりだったアルゼンチンは決勝戦に勝ち進み、ドイツ相手にもがっぷり四つで数多くのチャンスを作ったのだ。マスチェラーノの守備、イグアインやパラシオのシュートをアルゼンチン国民は何年も語り継ぐだろう。南米サッカーは依然として強い。終幕。

  • [準決勝] vs オランダ (0-0) PK4-2
    アルゼンチンの本気のディフェンス。凄い。オランダにやらせない。
    しかし、ディ・マリアを欠いた攻撃陣は機能せず。
    いわゆる塩辛い試合が続く。
    延長戦へ。2回ほど決定機が訪れるが、ゴールできない。
    PK戦へ。GKロメロが2本止め、アルゼンチンは決勝戦に進むことになった。
    野次馬としては3位決定戦でブラジルVSアルゼンチンというライバル対決も見たかったが、もちろん決勝戦でもOKだ。
    ドイツ相手にアルゼンチンはどんな戦いをしてくれるのか・・・期待したい!

  • [準々決勝] vs ベルギー (1-0)
    不発だったFWイグアインが貴重な先制ゴール。
    この一点を守りきり、アルゼンチンはベスト4に進出した。

  • [決勝トーナメント1回戦] vs スイス (1-0)
    堅守のスイスに粘りに粘りまくられるアルゼンチン。
    延長後半13分、メッシが中央突破し、ラストパスを受けたデイ・マリアがゴール。
    テレビの実況や解説者は120分間「メッシが~」「メッシのチーム」と言っていた。
    イグアインやアグエロやラベッシも活躍しないと、これからは難しくなってくるかもしれない。

  • [グループリーグ] vs ナイジェリア (3-2)

  • [グループリーグ] vs イラン (1-0)

  • [グループリーグ] vs ボスニア・ヘルツェゴビナ (2-1)
    アルゼンチン国民の大声援。ほぼアルゼンチンのホーム。
    前半3分。相手DF(コラシナツ)のオウンゴールで先制。1-0
    期待のメッシは前を向けない。今回も不調?
    後半に入っても、ゴール前のFKを大きく枠外に外すメッシ。
    微妙な空気・・・。
    アルゼンチンの応援団も微妙な表情。
    直後、メッシのワンツーとドリブルからの凄いゴール。
    観客歓喜!
    一方、ディマリアは安定して違いを見せて行く。
    だが、後半39分。イビシェヴィッチに裏に抜けられてゴールされた! 2-1
    そこから激しい攻防に。
    後半47分。メッシがペナルティエリア内でフリーでボールを受けるが、シュートは外側のサイドネットを揺らした。
    ボスニア・ヘルツェゴビナの主将スパヒッチが「外したな!」と笑顔でメッシを軽く突き飛ばし、メッシは苦笑い。このシーンがとても良かった。

  • 2012 ブラジル戦

  • 2014 Eliminatorias Brasil 2014

  • 2014 チリ戦

  • ウルグアイ戦

  • 2013 イタリア戦

  • ボスニア・ヘルツェゴビナ戦

  • 2014/05/20 メッシ帰国ニュース

2014 ワールドカップ 出場各国 アルゼンチン代表の選手ページはこちら

コメントを残す